脱毛施術の痛みについて考える

脱毛の痛みは脱毛の方法や脱毛する部位、そして個人個人で違ってきます。
特に痛みが強く出る脱毛の方法は電気脱毛でニードル脱毛とも言われている脱毛方法です。
毛穴に1本1本針を挿して電気を流して脱毛するやり方で、確実に脱毛できる反面痛みが強いのが特長です。
美容外科クリニックや皮膚科などの医療機関で行われている医療レーザー脱毛も痛みがあります。
そして平均して最も痛みが少ないといわれているのがエステで行われている光脱毛です。
全く痛くないという人もいるほど痛みが少ない脱毛法なので、盛岡でもこの光脱毛をやっている脱毛サロンがとても人気です。

 

盛岡脱毛サロンの痛み

盛岡にある脱毛サロンごとの痛みを比較

現在盛岡でオープンしている脱毛サロンのホームページには痛みについての記載がありますので、一部紹介します。

ミュゼプラチナム

痛みはほんの少ししかありません。痛みの感じ方は個人差が見られますが、毛の集中度合やおおむねデリケートゾーンに関して、痛みを感じ取り易い部位であると言えます。

 

銀座カラー

銀座カラーのIPL脱毛は、既存レーザーやニードル(針)などに比較して肌へのダメージが少なくて済むことから痛みもほんの少しになります。更には、お手入れ後の保湿ケア(追加サービス)もご提供しています。痛みを軽くします。
※痛みは部位毎に違いがあります。且つ感じ方には個人個人によって差があるのです。

 

脱毛ラボ

一瞬温かみを感じる程度の痛み。VIOもほとんど痛くない。

 

レイビス

光が毛の黒い所に作用することにより、毛量、毛質、部位に伴ってある程度感じ方は別ですが、クールダウンしつつもお手入れしていくのでこれ以外の脱毛方法と比較すると、スムーズに施術するのが可能となります。

 

シースリー

脱毛の性質上全然無痛ではないと言えますが、痛みはゴムではじくくらいのものとなりますから耐える程ではないはず。
さらに、痛みの感じ方は『照射エネルギー』・『肌質』・『毛質』などのいくつもの条件次第で異なっています。
カウンセリングの時にパッチテストを行うことなどもできますから、遠慮なくご相談下さい。

 

痛みが強い部位

脇の脱毛は痛い

脱毛の方法による痛みの違いについては理解されたと思います。

では、どの部位が痛みが強くてどの部位が痛みを感じないのかということについて解説していきます。
一般的毛が濃くて密集している部分を脱毛をすると痛みが大きくなる傾向があるようです。
脱毛し始めの頃は強い痛みがあったのに、施術の回数を重ねて毛が徐々に薄くなっていくに連れて痛みがなくなっていくという経験をされる方も多いようです。
全身の中で特に痛みが強い箇所としてはVIOのデリケートゾーンとワキが上げられます。
どちらも毛が濃い上に皮膚も薄いのでより痛みを大きく感じる方が多いようですね。

 

痛みを和らげる

痛みを和らげる

脱毛施術の時の痛みを軽くするための方法はいろいろありますが、一般的には施術をする前に肌をジェルを塗って肌を冷やすことで痛みを感じにくくなります。

これは盛岡のサロンでも必ず行っています。
またジェルを塗る前に保冷剤で幹部を冷やすことも痛みをなくす効果があります。
サロンではできないのですが美容外科などの医療機関では麻酔を使うことも可能ですから、痛みがあって我慢できないなら麻酔を使うことも相談してみたください。
脱毛機のレーザーや光は黒い部分に反応するようになっているので、日焼けをしているとその部分にも反応してしまいますから痛みがより強くなってしまうことがありますから、日焼けをしないように注意しましょう。
それに加えて肌が乾燥していると痛みに敏感になっていますから、脱毛期間中はできるだけ肌の乾燥しないように保湿を丁寧に行いましょう。

 

関連ページ

月額払い
毎月一定の金額を支払う月額払いのサロンやクリニックは増えてきています。この支払い方法はメリットもあり、ある意味デメリットもありますので、それを十分に理解して契約しましょう。
脱毛サロン学割を利用するときの注意点
学割 脱毛サロンの評判店や割安店を見つけたいなら、特にリピーターの多いショップをもれなく紹介している当サイトをご活用ください。学割 脱毛サロンの人気店や格安店を調査する時は無くてはならない存在です。