勧誘やセールス

盛岡においても脱毛サロンに行くとしつこく勧誘さるイメージってありますよね?

実際に体験コースなどに行った方の口コミなんかを見ると次々に高いコースをお勧めされた、美容グッズを購入しませんか?
などと言われた事がある方もいるようです。

 

初めて脱毛サロンに行く場合、上手に勧誘をお断りする方法を知っておいたほうがいいのかもしれません^^;
一番良い方法は「お金が無い事をアピールする」です。
カウンセリングの際、職業欄を書くところがあれば専業主婦や無職と書いておくと効果的みたいです。
中には盛岡在住の主婦の方でもローンを通せます!やクレジットカードでの支払いをお勧めしてくる場合もあるようなので、そんな時は・・・
・専業主婦なので自由に使えるお金が無く、一度主人に相談しなければいけない。
・求職中でお金に余裕が無い
などと断るとしつこく勧誘してこないようです。

 

他には、カウンセリングの時に「以前体験で脱毛サロンに行ったらしつこく勧誘されて嫌な思いをした」とさりげなくアピールしておくのも良いようです^^
勧誘をきっぱり断るには相手のペースに流されずに「契約はしない!」と自分の意思をしっかり伝える事が大事なんじゃないかな?
と思います^^
脱毛サロンのスタッフの方もお仕事なので多少の勧誘は仕方がないなと思いますが、不快になるような勧誘はキッパリバッサリお断りしましょう♪

 

 

勧誘を拒否するやり方

最も第一に意識してほしいのは、「お金が無い人は勧誘されない」というわけなのです。
ショップ側もビジネスという形でお店経営を行なっているからには、お金の無い人とわかったら、強引に何回もセールスしてきてしまうということはないはずです。

 

まず第一に、カウンセリングシート等といった職業の欄には、「無職」もしくは「専業主婦」なんていうように書くことがお勧めできます。
元は無職はお金がない状態で利益がないということを言うので、それって明白です。専業主婦ということはいのは、旦那さんの給料オンリーで創意工夫をしていて、いまいち自由自在にお金を使用できない、パパに相談しないと…といった先入観を持たれやすいので、これらの2つは良好です。案外とこれを記帳するのみで、多くの影響を及ぼします。何しろ、施術をやって貰う前にカウンセリング一番最初に覚えて頂きたい事は、「お金のない人は勧誘されない」という事なんです。お店側も商売として店舗運営をしているわけですから、お金がない人とわかれば、無理にしつこく勧誘してくる事はありません。 まずは、カウンセリングシートなどの職業の欄には、「無職」or「専業主婦」などと記入するのがオススメです。そもそも無職はお金がない状態で収入がない事を意味するので、これは一目瞭然です。専業主婦といのは、旦那さんの給料だけでやりくりしていて、あまり自由にお金を使えない、旦那さんに相談しないと…などといったイメージを持たれやすいので、この二つは有効的です。意外とこれを記入するだけで、かなりの効果を発揮してくれます。まずは、施術を受ける前にカウンセリングシートで伏線を張っておきましょう!

関連ページ

予約が取りやすいサロン、取りづらいサロン
人気の脱毛サロンは何時も混雑しているので、予約が取るのが難しいことがあります。
脱毛サロンの掛け持ちや乗り換えについて
脱毛サロンでは二つ以上のお店を同時並行して施術を受けたり、別のサロンに変更したりすることはどうなのでしょうか?
脱毛サロンでの返金システム
今では多くのサロンが返金保証を設けています。ただし、その内容については違いがありますので、契約前に事前チェックをお忘れなく!